長野県松本市で水玉に出会う?バスと巨大オブジェと草間彌生

長野県

長野県松本市で水玉に出会う?バスと巨大オブジェと草間彌生

誰もが、つい目を停めてしまう。長野県松本市内を走るひときわ目立つバス



長野県松本市の街中では
タウンスニーカーと呼ばれる
可愛いフォルムの小型の周遊バスが走っています。

東コース、西コース、南コース、北コースと
4つの周遊コースを
タウンスニーカーは、ぐるぐる回っているのですが

このタウンスニーカーには
松本市のマスコットキャラクター
アルプちゃんがラッピングされていたり

出典 http://blog-001.west.edge.storage-yahoo.jp

何の変哲もない、
大型バスもあります。

出典 http://

そのタウンスニーカーの中に
ひときわ目立つバスがあります。

出典 http://

車体にも窓ガラスにも
水玉がびっしり描かれていて
思わず目を留めてしまう、そのバス。

この水玉がいっぱいの
タウンスニーカーに乗られた方は
ちょっと窓から外を眺めようと思っても
水玉に遮られて
外の景色はよく見えないかもしれませんが
このバスは世界に1台しかない
とても貴重なバスなんです。
このバスの名は、クサマバス水玉乱舞号

出典 http://

水玉をモチーフにした作品を
たくさん手掛けている女性で
2016年にアメリカの週刊誌タイムが選ぶ
世界で最も影響力のある100人にも選ばれ
話題になった、前衛芸術家の
草間彌生さんデザインのバスなのです。

幼い頃から悩まされていた
幻覚や幻聴から逃れるために、
それらの幻覚・幻聴を絵にし始めた。
1957年(昭和32年)に渡米すると
絵画や立体作品の制作だけではなく
ハプニングと称される
過激なパフォーマンスを実行し、
1960年代には「前衛の女王」の
異名をとった。
草間彌生のいくつかの作品は、
水玉模様などの
同一のモチーフの反復によって
絵画の画面や彫刻の表面を覆うことが
特徴の一つである。

出典 http://ja.wikipedia.org

草間彌生さんは、
長野県松本市出身です。
それが縁で、タウンスニーカーの
デザインを手掛けてくださいました。

大変失礼とは思いますが
我が家の娘たちは、親しみを込めて
このバスのことを

彌生ちゃんバス

と呼んでいます。

さて、松本駅から
タウンスニーカー東コースに乗って
14分ほど走ると
目にも鮮やかな花々が出迎えてくれます。


出典 http://cdn.jalan.jp

またまた失礼とは思いますが
我が家の娘たちが密かに

人食い花

と呼んでいる水玉模様の巨大な花々。
松本市美術館の入り口を彩る
このオブジェと壁面も
草間彌生さんデザイン。
美術館の前を通り過ぎるだけで
草間彌生さんの芸術に触れることができます。

また、松本市美術館では
草間彌生さんの常設展示も見ることができます。

運よく、クサマバス水玉乱舞号が
タウンスニーカー東コースを走っていれば
松本駅から草間彌生ワールドを堪能できます。

長野県松本市へ来られたら
1番初めに松本城へ行って、
美味しいお蕎麦を食べたら
ゆっくり草間彌生さんの不思議な世界を
味わってください。



5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
1
次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

月別アーカイブ